ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

横河電子機器株式会社

jp-ydk

水文観測機器 流量・流速計

WJ7661 RYUKAN™(リュウカン)

マイクロ波ドップラー方式の非接触型流速計

WJ7661 RYUKAN™(リュウカン)

小型・軽量・内蔵電池駆動で機動性に優れたマイクロ波ドップラー方式の非接触型流速計です。
本体を三脚に取り付け、計測箇所に電波を照射するだけで流水に触れることなく離れたところから簡単に流速を測れるため、より安全・安心な流量観測をサポートします。

WJ7661形RYUKANの計測を手助けする「RYUKAN運用サイト」を立ち上げました。
流速の計測に適した環境や条件を計測者にご理解いただくことを目的としています。


特長

  • 水面に非接触で測定
    マイクロ波を水面に向けて照射して、水面からの反射波のドップラー効果で装置は水面に触れずに流速を測れます。
  • 長い計測距離
    水面から最大20 m 離れた所から流速を測れます。
  • 簡単な設置
    小型・軽量で測量用の三脚に取り付けて使用でき、特別な設置工事は不要です。また、俯角の自動補正機能を内蔵しているため、水準器による測定も不要です。
  • 天候や視程の影響を受け難い
    マイクロ波を使用しているため、温度や風、雨や霧、水面のぎらつきなどの太陽光、夜間など天候や視程障害の影響を受け難く、安定した観測が可能です。
  • 測定範囲は0.5m/sから20m/sまで
    一般の河川から急流河川にも対応できます。
  • 橋の上流側で測定可能
    橋の上流側で観測ができるため、橋脚による流れの乱れの影響を受けません。
  • 安定した測定が可能
    移動平均時間が選べるので、計測する水面の乱れによる影響が抑えられ、安定した計測が可能です。
  • ピーク値を逃がさない
    外部バッテリをつなげることで長時間の連続測定が可能なため、流速のピークデータをとりやすくできます。また、観測データを直接 USB メモリに記録できるため、外部電源と合わせて使用することで数日間の連続観測も可能です。

仕様

計測原理 マイクロ波のドップラー効果
使用電波 N0N 24.15GHz 7mW typ.(特定小電力機器)*1
アンテナ ホーンアンテナ、 半値角 約 12°
測定範囲 0.5〜20 m/s (水面の状態により異なります)
精度定格 ±(計測値の2%±0.05 m/s) ※ 電気的な擬似信号入力にて
分 解 能 0.01 m/s
計測時間 1 秒
移動平均 なし、10 秒、20 秒、30 秒、1 分、2 分、5 分、10 分から選択設定
記録周期 1 秒、2 秒、5 秒、10 秒、20 秒、30 秒、 60 秒から選択設定
計測角度 俯角 20〜45°、偏角 0〜20° 俯角の自動補正機能内蔵
計測距離 20 m 以下(対水面間) (水面の状態により異なります)
表   示 モノクロ液晶 128×64 ドット、LED バックライト付
操作キー 4 個 MODE(POWER)、 ▲、 ▼、 ENTER(REC)
データ記録 内蔵フラッシュメモリ、約 16,350 データ
USB メモリ、回収/直接記録
内蔵時計 月差 約 60 秒(23℃の場合)、 リチウム電池バックアップ
インターフェース USB 2.0 対応デバイス ; USB メモリ *2
RS-485 ; テキストデータ出力
使用環境 −10〜50℃ *3
保存環境 −20〜60℃
構   造 IP55
電   源 (1) 単 3 型アルカリ乾電池(LR6) 6 本 、連続動作時間約 4.5 時間 *4
(2)外部電源入力 10.8〜16.5 V DC
消費電力 外部電源使用時
計測時 ; 最大 250 mA 12 V DC(RS-485未使用時)、最大 300 mA 12 V DC(RS-485使用時)
USBメモリ書込み時 ; 最大 500 mA 12 V DC  、電源 OFF 時 ; 最大 7 mA
外形寸法 約160(W)×140(H)×302(350max)(D)mm  ※ 突起物を含まず
質   量 約 2.4 kg ※ アルカリ乾電池を含む
*1
認証番号は本体内部に記載してあります。
*2
標準付属品のUSBメモリの使用を推奨します。
*3
USBメモリを接続する場合、0〜+50℃になります。可搬型のため、長期間におよぶ屋外設置は避けてください。
*4
USBメモリ未使用、バックライト消灯、23℃にて。

詳細資料

Get Adobe Reader®PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」が必要です。
「Adobe Reader」はアドビ システムズ株式会社のサイトより、無償で配布されています。

ビジネス・製品情報
環境計測 ビジネス
気象観測機器
風向風速計
WA7601 風向風速計発信器
WA4201 風向風速計変換器
A-802 風向計発信器
雨雪量計
WB0017 温水式雨雪量計感部
WB0015 雨量計感部
B-061 降雨強度計感部
B-071 いっ水式雨雪量計感部
B-082 感雨器
WB7530 シリーズ インテリジェント視程計
WB7611 レーザ積雪深計感部
WB7621 人体検知器
WB7605 レーザ積雪深計変換器
温度・湿度計
E-723-01 気温計感部
E-734 温度計感部
E-736 温度計感部
E-771 露点計発信器
E-834 気温計用通風筒
E-851 露点計用通風筒
E7050 温度湿度計感部
WE7741 路面放射温度計
気圧計
F4711 高精度振動式気圧計モジュール
蒸発計
D-211 蒸発計感部
日射計
WH2101 日射計感部
H2022 日射計感部
H2122 日射計感部
気象観測システム機器
WM5571 フィールドμ
M-011 百葉箱
路面状態計
WB7731 路面状態計
水文観測機器
水位計
WW4901 危機管理型水位計
WW4455 水晶式水位計発信器
WW4456 水晶式水位計変換器
WW4456-□□2 水晶式水位計(無線伝送仕様)
WW4501 光伝送水晶式水位計発信器
WW4502 光伝送水晶式水位計変換器
WW4471 電波式水位計発信器
W-021 水研62型長期自記水位計
WW4437 細径水圧式水位計発信器
WW4301 水圧式水位計発信器
WW4302 水位計変換器
WW4311 水位計変換器
WW4801/WW4802 超音波式水位計
WW4381 投込式水位計発信器
WW4382 投込式水位計中継器
WW4483 せき式流量計発信器
W4485 せき式流量計変換器
WW5631 電子ロガー
WW5831 水位自動選択装置
流量・流速計
WJ7661 RYUKAN™(リュウカン)
WJ7651 電波流速計発信器
フィールドインフォメーションサーバ(Fis)
Fis概要
Fis概要
Fis-100
Fis.View
Fis-M8
モジュールラインナップ
変換モジュール
WM8841 風向風速モジュール
WM8842 温度湿度モジュール
WM8844 温度モジュール
WM8845 雨量モジュール
WM8847 日照日射モジュール
WM8850 気圧モジュール
WM8851 積雪モジュール
WM8852 視程モジュール
WM8853 路面状態モジュール
WM8862 電圧モジュール
WM8863 BCD 入力モジュール
WM8864 接点入力モジュール
WM8871 流速流量モジュール
共通モジュール
WM8831 電源モジュール
WM8801 処理モジュール
WM4521 入力端子モジュール
WM8201 ベースモジュール
ソフトウェア
WP9001 環境サーバプログラム (Fis.View)
K5635LE 流速流量モジュール表示ソフト
システムソリューション情報
気象観測
路面状態観測システム
道路気象観測システム
消防気象観測システム
農業気象観測システム
大気環境気象観測システム
ビル風観測システム
水文観測
河川水位観測システム
河川流量観測システム
ダム諸量観測システム
土石流観測システム
導入事例・アプリケーション事例
気象観測
工場施設内気象観測システム
道路橋梁気象観測システム
水文観測
雨量・水位防災システム
お客様サポート
販売サービス網のご案内
旧中浅測器・旧横河ウエザック製品の取り扱いについて
情報伝送 ビジネス
航海 ビジネス
航空宇宙 ビジネス
燃焼 ビジネス
その他 産業 ビジネス
除電(イオナイザー)
除電
特殊防爆型除電器システム 8804
お客様サポート
販売サービス網のご案内